スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパムとは? 検索エンジンのクローラーを騙す SEO テクニック

SEO 対策におけるスパムとは、SEO テクニックを悪用して
検索エンジンのクローラーを騙す行為です。
クローラーを騙す行為は、ユーザーへの迷惑行為と同じです。

検索結果上位表示の為の SEO 対策には様々なテクニックが
ありますが、行き過ぎた SEO 対策はスパムと判断されます。

現在、SEO におけるスパムは年々増加している為、
全ての検索エンジンはスパムの排除に力を入れています。

ここでは、サイトを作成する際にやってはいけない事という
観点から、SEO スパムを考えてみます。

インターネットが普及した頃には「隠し文字」という
スパムテクニックが横行しました。

これは、背景と同色のキーワード文字や見えないような
小さな文字でキーワードを大量に羅列するというスパム
テクニックです。

たしかにその頃は、そのテクニックで簡単に上位表示が
出来ていたようです。
しかし、検索エンジン側も黙ってはいません。

時間をおかずにすぐにスパム対策が打たれました。
当たり前ですよね、そんな都合のいい迷惑行為がいつまでも
有効なはずもありません。

また、「隠し文字」と同じようなスパムテクニックも数多く
横行しました。

これも皆、検索エンジンのクローラーを騙す行為です。
もちろん、正しい使い方では問題ありません。

meta タグによるスパムテクニックもあります。
通常、SEO 対策においてサイトのキーワードを強化するために、
HTML 記述に <meta name="keywords" content="キーワード,キーワード" />
というタグを追加します。
その際のキーワードを大量に羅列するというテクニックです。

これは、アフィリエイト初心者が陥りやすいスパム行為
ですので、特にアフィリエイトを始めたばかりの人は
注意すべき点です。

CSS を使ったスパムテクニックとしては、CSS で
テキスト文字を画面の外に表示させるというものがあります。

CSS で文字を画面の外に表示するように指定すれば、
大量にキーワードを含ませることが出来てしまいます。

外部リンクにおけるスパムテクニックとしては、
メインサイトとは別に大量のバックサイトを作り、
それらを互いにリンクし合い、メインサイトへ集中的に
リンクを送るというテクニックです。

ほとんどのブログアフィリエイトでは、多かれ少なかれ
このようなバックリンクサイトを使う手法がとられています。

もちろん、バックリンクサイトでも有益で充実したコンテンツ
があれば問題ないのですが、時間的な関係で、
通常バックリンクサイトはコンテンツの薄い有益でないサイト
がほとんどです。

爆発的なアフィリエイトの流行により、そういう内容に
乏しい、いわゆるゴミサイトと呼ばれるサイトが大量に作成
された為、検索エンジン側はそれらを排除する為に
色んな対策を打っています。

よって、これから先は、コンテンツの薄い大量のバックリンク
サイトを使ったブログアフィリエイトは、次第に廃れて
いくのは時間の問題でしょう。

検索結果で上位に表示されるには、サイト自体に一貫性を
持たせる事が重要ですので、サイトタイトルはもちろん、
記事タイトルと記事内容にもキーワードを数多く含めなければ
なりません。

その際、適切なキーワード数だといいのですが、あまりに度を
過ぎますとその行為自体が検索エンジンのクローラーから
スパム行為と判断されてしまいます。

1記事中に、どの程度の割り合いでキーワードを含めるべき
なのかは様々な説があり、どれが正解なのかは分かりません。

私としては、3~5%ほどが適量ではないかと判断しております。

キーワードの割り合いを調べるのに便利なサイトがあります
のでお伝えしておきます。
キーワード出現頻度解析

「解析を行う URL」に調べたいサイトの URL を入力して、
「解析」ボタンを押すだけです。
トップページ、記事ページに関わらず解析出来ます。

スパム行為とは、そのまま迷惑行為という単語に
置き換えられます。
スパム行為をするという事は、人に迷惑をかけるという事に
他なりません。

現在の検索エンジンはとても優秀で、人間が迷惑だと感じる
行為は検索エンジンも迷惑だと判断しているはずです。

そこのところを考えると、おのずとやってはいけない
SEO 対策が見えてきます。

例えば、SEO 対策を行う上で被リンクが有効だとしても、
作成し立てのサイトに突然大量の被リンクが付くのは
どうみても不自然ですよね。

現在は、一方的な大量の被リンクはスパムとは判断されない
可能性が高いようですが、近い将来そういう行為もスパム行為
になるのではないかと私はみております。

記事の新規投稿に関してもそうです。
FC2ブログでは、1日当たり39記事の新規投稿が許されて
いますが、だからと言って自動ツールなどを使って、
毎日39記事投稿していったらどうでしょう。

FC2では違反でないにしろ、検索エンジンのクローラーから
みれば不自然ですよね。

ブログは元々は日記です。日記と言えば1日1記事が基本、
それなのに毎日大量の記事を書いたとしたら・・・?

現在では通用するかも知れませんが、3ヶ月後、半年後には
スパム行為と判断されるようになるかも知れません。

やはり、こういうような不自然な行為はしない方が無難です。

アフィリエイトの世界には、思いもつかないような便利なツール
が星の数ほどあります。
その中にはスパム行為によるアクセスアップや、
大量のゴミサイトを自動で作成するような迷惑極まりない
ツールも数多く存在します。

早く結果を出したいがばかりに訳の分からないツールに
頼りたくなるのもわかるのですが、そこには大きなリスクが
あるという事を肝に銘じておくべきです。

アフィリエイトに裏技はありません。
リスクのあるスパム的な迷惑行為をするよりも、
毎日コツコツと地道な努力を重ねる事こそ、成功への一番の
近道だと言えるのではないでしょうか?

まさに「急がば廻れ」ですよね。

くれぐれもスパム行為という迷惑行為をとらないよう、
細心の注意を払って正しくアフィリエイトしたいものです。

特に初心者の場合は、どれがスパム行為になるのか分かり
にくい場合もありますので十分注意しなければなりません。

テーマ : SEO対策
ジャンル : アフィリエイト

tag : スパム

コメントの投稿

Secre

ブログ内検索フォーム
カテゴリ
アフィリエイトやネットショップに最適
ヘッダー画像作成.com
お勧めレンタルサーバー
低料金でマルチド&サブドメインが無制限
最近の記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
SEOパーツ & トラックワード
リファラーをSEOに役立てるシステム
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。