スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローラーとは? インターネットの巡回人?

クローラーとは、ロボット型検索エンジンがインターネット上
のウェブページを、定期的に巡回する際に使用されるプログラム
の事です。
つまり、検索エンジンのクローラーはインターネットの
巡回人です。

クローラーは、スパイダー、ロボット、ボットとも呼ばれています。

通常、各ウェブサイトの HTML のリンクを辿って次の
ウェブサイトへと辿り着き、そして更に次のウェブサイトへと
巡回し、自動的に検索エンジンに登録していきます。

クローラーによって収集された HTML データを扱いやすい
検索用語としてデータ化し、データーベースに登録していく
のがインデクサと呼ばれるものです。

外部リンクが一切ないウェブサイトの場合、クローラーが
巡回して来る事はなく、その場合は検索エンジンに
URL 登録申請をする事で、クローラーが巡回して来る可能性が
出て来ます。

但し、登録したからといってすぐにクローラーが巡回して来る
わけではありません。

通常数日~数週間、場合によっては数ヶ月かかっても
クローラーが巡回して来ない場合もありますので、
そのような場合は再度 URL 登録を行う必要があります。

当然、被リンクの多いウェブサイトの方がクローラーが巡回
して来る可能性は高くなりますが、そう単純なわけではありません。

ウェブサイトの HTML 記述や内部リンクの構成によっても
大きく左右され、シンプルで分かりやすいサイトほど、
また、コンテンツが質・量共に充実し、利用者にとって
より有益であろうと判断されたウェブサイトほど頻繁に
クローラーが巡回しに来ます。

よって、検索エンジンのクローラーに頻繁に巡回してもらう
サイト作りというのがとても重要になってきます。

その為には、検索エンジンの利用者にとって有益であろう
コンテンツの充実はもちろんの事、クローラーが好む
リンク形式や、全てのページを巡回しやすいようなサイト構成
を設計し、クローラーの読み取りやすい HTML でソースを
記述しなければなりません。

その検索エンジンのクローラーに好まれるようなウェブサイト
作りをする事を SEO と言い、その為に様々な対策を施す事
SEO 対策と言います。

各検索サービスによっても検索エンジンに違いがあり、
それぞれの検索エンジンに合った SEO 対策が必要になります。

検索エンジンの利用率は、世界では Google がダントツの1位で、
日本では Yahoo! が1位、次いで Google が2位、MSN が3位です。
1位と2位の検索エンジンだけで大幅なシェアを占めています。

よって、現在の SEO 対策としては、この2大検索エンジン
を中心に SEO 対策を行うのが懸命です。

検索エンジンのクローラーに頻繁に巡回される要因としては、
上記の他にも様々なものがあり、更にそれらは時折り
変更・改良されています。

よって、SEO 対策に終わりというものは無く、
常に幅広い情報収集と柔軟性を持って、臨機応変に対応して
いかなければなりません。
そこのところが SEO 対策の最も難しい部分とも言えます。

しかしながら、SEO 対策も度を過ぎればスパムと判断される
場合もありますので、常に検証しながら適切な対策を
講じていく事がとても重要です。

テーマ : パソコン初心者
ジャンル : コンピュータ

tag : クローラー

コメントの投稿

Secre

ブログ内検索フォーム
カテゴリ
アフィリエイトやネットショップに最適
ヘッダー画像作成.com
お勧めレンタルサーバー
低料金でマルチド&サブドメインが無制限
最近の記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
SEOパーツ & トラックワード
リファラーをSEOに役立てるシステム
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。