スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビとインターネットがつながったお話し?

最近のテレビはインターネットにつなげられるらしい。
って、今更言うのも何だか恥ずかしいようだ。
それにしても、インターネットやテレビなど、 IT 産業の
発展は凄いと思いませんか?

昔のテレビはモノクロで小さく、球面ガラスの出っ張りが
物凄かったです。

平らで極薄になった最近のデジタルテレビに比べ、
とにかく分厚く重い懐かしい昔のテレビ。
私の青春と共に進化してきたアナログテレビ・・・

私が小さい頃、よく兄とチャンネル争いをしていたのを
思い出します。

現在はどちらか一方がビデオ(おっと、今はDVDかぁ)
に録っておけば良いのだが、昔はそんなのは無かったので、
どの番組を見るかでよくケンカしたものだ。
結局は順番になっていたのですが・・・

テレビ局の故障やテストパターンも多かった。
テストパターンと言うのは夜中の放送終了後にピーという
音声と共に出てくるカラーバーのやつです。

もちろん、昔はモノクロだから段階的な濃さで表現した
テスト画面が、何と昼間に表示されていました。

故障の時は「ただいま故障中です。しばらくお待ちください。」
などという、お詫びの画面が突然出てきたものだ。

ちょうど番組のいいところでこいつが出ると、
とても頭にきていた事を思い出します。

テレビにはリモコンさえ付いていませんでした。
たしか2台目あたりだったか、初めてリモコン搭載テレビが
発売され、その売り文句は「業界初!チャンネルリモコン搭載!」
的なキャッチコピーでした。

今から思えば本当に笑えます。
下手な芸人よりよっぽど面白い。(笑)

初めてのリモコン搭載テレビは「リモコン」だけでなく、
「大画面」「AV 機能」というのも売り文句でした。

これもまた笑っちゃいますが、「大画面」といっても21インチ、
「AV 機能」といっても、ビン端子(赤、白、黄の端子)の
入出力が付いているだけ。
これが最先端のテレビだったのだから、本当に心の底から笑えます。

テレビ放送がモノクロからカラーに変わった頃には、
番組中の画面右下に「カラー」という小さい文字が
表示されていました。

ちょうど現在のアナログからデジタルに変わる時の、
画面右上に表示される「アナログ」と同じようなものです。

テレビと共に進化した「録画機器」も驚きだ。
たしか私が高校生の頃だったと記憶していますが、
初めて買ってもらった「ビデオ」がこれまた凄い。
思いっきり笑えるという意味で凄かったです。

価格の高さもも凄いし機能の少なさも凄い。
ビデオテープは上から水平にして入れる、そのビデオテープ
の価格もこれまた高い。

あの頃、たしかビデオテープ1本2千数百円だったので、
現在のお金にして6千円ほどではないだろうか?
普通のビデオテープ1本がですよ、信じられますか?

一応3倍モードという機能は付いていましたが、3倍モードで
早送りや早戻しをすれば画面は映らない。
異常に重くて現在のビデオの2倍くらいはあったと思います。
その上、よくテープがよく絡まったものだ。

しかし、このビデオを買ってもらった頃は、
ちょうど大学受験の頃だったのでとても重宝しました。

ビデオを買うまではテレビの見たい番組をグッと堪えて
試験勉強に打ち込むも、番組が気になって中々勉強に身が
入らなかったのを覚えています。

それにしてもテレビやビデオの進化は物凄い!
小さい頃、子供向けの本に「未来のテレビはこうなる」的な
未来予想絵が描かれていたのだが、すでにその未来絵を
はるかに超えてしまっています。
本当に凄い事だと思う。

そして現在、テレビはとうとうインターネットにまで
つながってしまった。
一体どこまで発達すれば気が済むのだろう?

などと思いながら、今日も小さいアナログテレビを
見つめている私がここにいます。

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

tag : テレビ インターネット

コメントの投稿

Secre

ブログ内検索フォーム
カテゴリ
アフィリエイトやネットショップに最適
ヘッダー画像作成.com
お勧めレンタルサーバー
低料金でマルチド&サブドメインが無制限
最近の記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
SEOパーツ & トラックワード
リファラーをSEOに役立てるシステム
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。